電子レンジはどこの地域でも使える?

電子レンジにはヘルツフリータイプと50ヘルツ・60ヘルツタイプがある

電子レンジイメージ画像

家電メーカーで製造販売する電子レンジには、日本全国何処でも利用が可能なヘルツフリーのタイプ(高額)と50ヘルツと60ヘルツの地域で使えるように専用のレンジ(廉価)があります。
特に廉価タイプのレンジは、引っ越し先の発電所のヘルツの違いに考慮が必要です。
日本の場合は、世界に類のない50ヘルツと60ヘルツに分かれています。
東日本(50Hz)と西日本(60Hz)の発電周波数の違いによるものです。
次の「ヘルツの違いのワケ」で更に詳しく説明しています。

ヘルツの違いのワケ

日本の発電所ヘルツの違い分布図イメージ画像

日本の50ヘルツと60ヘルツは、世界でもひとつの国に、周波数が2つ使われているのは、非常に珍しい事のようです。
東日本(50Hz)と西日本(60Hz)の発電周波数の違いによるものです。
東日本と西日本の境界線は、静岡県の富士川と新潟県の糸魚川を境にして、東日本は50Hz、西日本は60Hzの周波数に分かれています。
50Hzと60Hzの周波数に分かれている電子レンジは、引っ越し先エリアにマッチするヘルツ(Hz)タイプの電子レンジを購入するか、ヘルツ(Hz)に関係なく使えるヘルツフリータイプ(インバーター方式)の購入をおすすめします。

日本の電力事情 50Hzと60Hzの混在地域

日本の電力事情は、静岡県の富士川と新潟県の糸魚川を境に東側を50Hzとし西側を60Hzとしています。

しかし、50Hzと60Hzの境目の線引きはありますが、実際は、地形の関係から、50Hzと60Hzの2種類が混在する地域が存在します。

最近の電子レンジは、ヘルツフリータイプが多くなりましたが、廉価タイプの電子レンジには、50Hzタイプと60Hzタイプがありますので注意が必要です。

下記参考地図をご覧になり、この付近に引っ越しされる方は、事前に引っ越し先の住所地に電力会社へ問い合わせることをお勧めします。

50Hzと60Hzの混在地域イメージ画像

画像:SHARP公式ページより(電源周波数地域(50Hz地域/60Hz地域)について

電子レンジにはターンテーブルありとなしの機種が存在

ターンテーブルレス型電子レンジは、2003年日立が世界初のターンテーブルレスの電子レンジを発売して以来、性能の向上を遂げ、現在では水(過熱水蒸気)を使うレンジが市場を独占しています。
ターンテーブル型よりかなり複雑構造になっていますので、引越しの際は、水タンクから完全に水抜きを行うことや、運搬の際に壊れる恐れのある部品等が本体底や側に付いている場合がありますのでしっかり梱包を行いたいものです。
また、ターンテーブル型の場合は、ターンテーブル(回転皿)は、運搬中に動かないようエアーパッキンなどで包んで保護しましょう。

ご注意:最近の電子レンジは、ターンテーブルの無いフラット型が普及していますが、ちょっと価格が安めの製品には、セラミックのターンテーブルが使われている場合があります。
セラミックは、ご存知のように瀬戸物で取り扱いが悪いと割れたりします。
割れたらターンテーブルだけ購入すればとお考えかも知れませんが、実は、単体で購入となると結構割高になり何千円もします。
本体が1万円前後だと思い切って新品を購入した方が良い場合があります。
セラミックのターンテーブルの取り扱いには注意を払いましょう。

関連ページ

引っ越し前の冷蔵庫の電源はいつ切る?
引っ越し前の、冷蔵庫の電源は何時切るか、また、横に寝せて運んでも大丈夫かなど、冷蔵庫の引っ越しについてを紹介します。
知らないと大変な洗濯機の給排水
洗濯機の引越しは、給排水の取り外しと取り付け方にいくつかのポイントがあります。また、運搬は、設置の状態のままが最適です
液晶テレビは寝せて運べる?
液晶テレビの引っ越しは、液晶パネルの扱いが重要になります。液晶パネルのサイズが大きくなるほど、液晶に不要な圧力が掛かりやすくなり、割れるなどのトラブルになる恐れがあります。このページでは、液晶テレビの最適な運搬方法をご案内します。
固定電話とネット回線の引越し申請のタイミングは?
固定電話を利用している人は、早めの手続きが必要です。引越し先で電話が使えるように電話の引越し手続きを終えておくことが望ましく、引越し当日では電話会社の工事対応ができません。また、インターネットを利用するために手続きもNTTと契約プロバイダ(例:OCN、So-net、nifty、BIGLOBEなど)の手続きも引越しの日前1〜2週間前には手続きを終えるようにしておきましょう。
エアコンを取り外して再利用は得?
自前で取り付けしたエアコンは、引っ越し先での再利用は得か損か?決断の目安は、経年と運転時間がポイントです。